• TOP
  • 研究会について
  • 書籍情報
  • 学術大会
  • 入会のご案内
  • English
TOP > 学術大会(会長ご挨拶)

学術大会

event_header

2020年12月18日(土)‐19日(日)に予定しておりました脳心血管抗加齢研究会2020(総会含む)ですが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、2021年に開催を延期することとなりました。
延期後の日程については調整中となりますので、決定次第、掲載いたします。

会長ご挨拶

会長  皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
この度、脳心血管抗加齢研究会2020(第17回学術大会)を2020年12月18日(金)・19日(土)に、大阪の梅田スカイビルで開催させていただくことを大変光栄に存じます。
本研究会は、日本抗加齢医学会の脳循環器領域の分科会として発足して、毎年この領域における基礎と臨床の研究者、医師、メディカルスタッフ、医療関連の産業界の方が一堂に会して活発に討議する研究会です。今回も昨年同様に抗加齢協会の学術フォーラムとの共同開催を予定しております。今回の研究会のテーマは「抗加齢イノベーション」としました。昨今、イノベーションという言葉は良く使われるようになりましたが、抗加齢の領域でもその重要性が認識され、抗加齢医学会にもイノベーション委員会が新たに設置されてこの領域の発展が期待されています。脳血管領域における様々なイノベーションへの取り組みを紹介する研究会にしたいと思います。プログラムは現在検討段階ですが、今年も特別講演、シンポジウム、ポスターセッション、ランチョンセミナーとともに、スペシャルゲストのセッションも設ける予定です。特に次世代を担う若手には、奮って演題を応募していただければ幸いです。研究会の後の懇親会は梅田スカイビルの、昭和の風情に溢れる滝見小路での食べ歩きを予定しています。
クリスマスのイルミネーションがきれいな梅田スカイビルで皆様にお会いできるのを楽しみにしております。


2020年2月吉日
脳心血管抗加齢研究会2020
会 長 前村 浩二