学会総会

会長ご挨拶

認知症における血管病変の意義の解明~若手医師・研究者の育成を目指して~


学会長 浦上 克哉 学会長 松原 悦朗
浦上 克哉
鳥取大学医学部 保健学科生体制御学
松原 悦朗
大分大学医学部 神経内科学講座

 この度、第9回日本脳血管・認知症学会総会(VAS-COG Japan 2018)を開催させていただくことになりました。これまで5回の研究会を経て、2014年10月から新しく発足した「日本脳血管・認知症学会 (Vas-Cog Japan)」は、急増している認知症を反映して参加者が年々増加しております。

 本学会総会は、会期を2018年8月4日(土)~5日(日)、会場を別府国際コンベンションセンター(B-Con Plaza)とし、テーマ「認知症における血管病変の意義の解明~若手医師・研究者の育成を目指して~」のもと、現在鋭意開催準備を進めております。

 本会では特別講演やシンポジウムの他、特に若手による発表を充実させることで広く参加を呼びかけ、次世代を担う若手医師・研究者の育成に寄与するとともに、参加者の方々に満足していただける会となるよう、全力を尽くす所存です。

 会場となる別府市のB-Con Plazaは別府湾を一望できる山の手に位置します。敷地内の「グローバルタワー」という高さ125mの展望塔は日本夜景遺産にも選定されており、360度の大パノラマを満喫いただけます。また別府はご存知のとおり、おんせん県おおいたを代表する温泉の町です。学会で脳に適度な刺激を与えた後は温泉にゆっくりつかりながらこころとからだを癒していただき、豊後水道・別府湾でとれた旬の食材(関アジ、関サバ、城下カレイ、夏フグ、はも)や九州名産の美味しいお酒で心身ともにリフレッシュしていただけるものと思います。

 皆様のお越しをお待ちいたしております。


2017年11月吉日
第9回日本脳血管・認知症学会総会
会長:浦上 克哉
松原 悦朗

PAGE TOP